Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
習慣化

【9ヶ月経過】早寝早起き習慣。不調や停滞は自分が変われる最大のチャンス。

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

2018年8月から始めた早寝早起きの習慣。平成最後の1ヶ月が終わり、令和元年に入ると同時に10ヶ月目に突入します。

4月はどちらかというと不調でした。

不調の原因は1つだけではなく、複数の要因があります。主に、お酒、就寝時間、ランニング機会の少なさ、などが考えられます。

しかし、こういう時こそ、新たに自分が変化したり、成長できる良いチャンスと捉えてやっていこうと思います。

では、9ヶ月目の4月を振り返ってみたいと思います。

お酒を飲む機会が多かった

先月の振り返りにも書いたけど、自分の場合は、やっぱりお酒と生活リズムには一定の関係性がありそうです。

「何かしらの理由で起きる時間が遅い日」の夜にお酒を呑むと、次の日はほとんど起きる時間が、7時頃になってます。

以前どこかの記事に書いたんですが、今年の1月から呑まない日は、毎日200円貯金するようにしています。

お酒を呑まない日が、可視化されて、ついでにお金も増えていくので、地味に楽しくて継続できる仕掛けの1つになっていたりします。

4月は実は3,200円しか貯まりませんでした。3,200円なので、お酒を呑まなかった日が16日。

逆に言うと、14日はお酒を呑んだということになります。

12月まではほぼ毎日呑んでいたので、それでも半分には減ったのでかなりマシにはなったんですけどね。

逆に、呑まない日が多くなったので、たまに呑むと体へのインパクトが大きくなってきているのかもしれません。

呑む日が増えた根本的な原因は、後にも書きますが、ランニングの回数が少なかったことと、クラフトビールが美味しくてちょっと最近気になったことですねw

ただ、惰性で呑んではいないのでその点はOKです。

食事の時間が遅くなり、寝る時間も遅くなった

これは最近の悩みというか、どう対応しようかなと考えているところですが、いつも食事は相方さんが作ってくれます。

ただ、最近はけっこう忙しく仕事をしているので、食事が最近遅い時間なんですよね。食べ始めるのが早くて20時とか、20時半とか。遅い時は、21時過ぎてたり。

そうなると、消化までに時間もかかるし、すぐには寝ようという気にはならない。

少し消化させてから・・・と思うと、寝る時間が自ずと23時を過ぎてしまう。

生活はリズムですから、寝る時間が遅くなると、起きる時間も自ずと遅くなる。

結果的に、7時過ぎに起きるという日が増えてしまったというわけです。

特に年度初めということで、仕事がお互いに忙しかった部分もあるし、帰宅を早めに食事も作ってくれるのを待たずして、自分で準備できる日は準備をするというスタイルに変えたほうがいいかなと考えています。

ランニングの機会が少なかった

以前、ランニングを始めたら、「惰性」で呑むお酒が減ったという記事を書きました。

【お酒をやめたい】ランニングを始めたら思った以上の効果があって驚いた話。こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です! たぶんこの数年間、仕事終わりに毎日ビールを呑むという悪習慣が定着してました...

お酒自体は好きなので、本当に呑みたい時に呑むとのベストな付き合い方を探ってきました。

2019年の1月にランニングを始めて、惰性でお酒を呑むってことが本当になくなったんです。これはわかっていたことではあるんですが、地味に体感出来てよかったこと。

実際、先述したようにビール貯金を始めて1月から4月までに14,000円貯まりました。

お酒を呑まない日に200円なので、単純計算すると、4ヶ月120日のうち、70日を呑まなかった計算になります。約60%カットできたんですね。

ただ、4月に関して言うと、この4ヶ月で一番ランニングをする機会が少なかった。

測定し始めたのが2月からなので、3ヶ月分しかデータがありませんが、2月と3月はどちらも16回、80km超を走りました。

しかし、4月は12回で60km超でした。4回少なかったことは、少なからず影響していると考えています。

回数が減ったのは、足の痛みがあったのが原因です。

足の痛みでランニングが1週間ほど出来ない時期がありました。無理をしないが一番ですね。

まとめ

5月からついに新元号令和の時代に入ります。早寝早起きの習慣も10ヶ月目に入ります。

5月からは、以下を改善ポイントとしました。

  • 自分で自炊して、夕食の時間を早めれるように努力する
  • 2週間に1度は定期的に生活リズムを見直す時間を作る

どちらも大切なのですが、食事はほとんど相方さんに作ってもらっていたので、仕事が忙しい中で、疲れて少しゆったりしているところを「早く作ってくれない?」と期待するのは、流石に無理がある。

というわけで、やっぱり人を変えるよりも、自分を変える、が大切だなと考えています。

5月からは少しずつ自分が食事を作る機会を1回でも、2回でも増やしてみたいと思います!これも何かしら自分が変われるチャンスですよね。相方さんも喜んでくれるかな。

できる、できないということよりも、「まずはやってみる」が大切だと思います。

特に今回の食事もそうですし、家事のことを自分ができるようにあれば、相当自分自身にとって変化できるチャンスです。

記事のタイトルにもしましたけど、停滞や不調は自分を変える最大のチャンスだと捉えて、前向きにやっていこうかなと思います。

 

もう1つの2週間に1度、定期的に生活リズムを見直す時間を作る、です。

半年以上もずっと早寝早起きをやってくると、「なんとなくやってしまう」なあなあな部分が知らず知らずのうちに起きてきていたなと感じています。

今まで振り返るのが、この1ヶ月のブログ更新で振り返ってきたので、2週間に1度のペースで一度意識的に振り返って、修正するところがあれば修正するという感じに変えていこうかなと。

あとは、ランニングを継続すること、早く寝るように意識すること、しっかり睡眠時間を確保すること、お酒はほどほどにで楽しむこと。

クラフトビールが美味しくて、最近楽しんでいます!

投資と同じで、早寝早起きもコツコツと淡々と続けていきます。

ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。