Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
football

【2019年/第9節】Jリーグでコツコツ投資。サッカーはもっと自由でいい。

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

Jリーグで応援するクラブの毎節ごとの結果に合わせて、「貯金」ではなく「投資信託」(投信)を1年間コツコツと購入していく、という企画をやっています。

この企画の元ネタは、投信ブロガーで有名なrennyさん(@renny_29)です。

さて、早速J2の第9節を振り返ってみたいと思います。

【第9節】 福岡 vs 町田

町田には苦手意識があるんですかねぇ。

3バックからスタートした福岡に対して、町田は前線からハイプレッシャーをかけてきました。

まあ、これまで福岡はハイプレッシャーをかけてくるチームを1度も攻略できていないので、町田も当然その選択をしてくるのはわかっていたことだったと思いますが。

案の定、1失点目はその網に引っかかってしまいました。

その後、4バックに修正してしばらくはゲームをコントロールしてチャンスも作りました。ただ、ゴールに繋がらず。

7節の栃木戦、8節の横浜FC戦と内容と結果が少しずつリンクし始めてきた中で、町田戦は試金石でしたが、サッカーの神様からまだまだ甘いと指摘されたようなゲームになってしまいましたね。

シーズン早くも5敗目ということで、厳しい意見も飛び交っていますが、とにかく1つずつ積み上げていくしかないでしょう。

いま福岡が成績が悪いので色々な意見が飛び交ってます。ネガティブなものから超ポジティブなものまで。

アビスパがなくても1ミリも困らない人もいるし、福岡市内にアビスパを認識してない人だって沢山いる。逆にアビスパがなくなると、生きていけないくらいの人もいる。

みんなそれぞれの価値観の中で生きていて、あーだこーだって意見が活発になるのは、良い面もあるけど、自分の価値観の意義を証明したくなる。

否定しない、「正しさ」のぶつかり合いは、刺激的でとても興味深いものがある。

与えられる楽しみと、自ら探し出す楽しみ、偶然出会う楽しみ、色々あるけど、楽しみ方は千差万別。

幅も、深さも、角度も、色々あっていい。価値観の違いは、否定せずに、受け入れないといけないなぁ・・・と改めて実感。

【第9節】岐阜 vs 長崎

さ、冷静さを取り戻し長崎戦を振り返るw

試合は4-0と快勝でした。

ただ、1点目を奪うまでは岐阜にかなりチャンスを作られていました。

結果的に見れば、完勝のイメージですが、どっちに転ぶかわからないゲームでもあった気がします。

徳重選手にかなり助けられたシーンも多かった!

その中でも、ポジティブな要素を挙げると、前節に続いて複数得点を挙げられたことかな。

特に、これまで得点のなかったFWのイ・ジョンホ、呉屋の両選手に得点が生まれたことが大きいですね。

イ・ジョンホがPKで決めた後の喜びようは、ある種のプレッシャーと責任をずいぶんと抱え込んでいたんだろうな・・・という感じを受けました。

これからはもっと伸び伸びとやってもらいたい!

なんていうか、選手の苦悩が開放される瞬間の、カタルシスってやっぱりいいなって思います。

良いプレーもそうだけど、そこにある選手の苦悩が垣間見えて、それも酒の肴だったりしますね。

第9節、長崎の勝利で900円分を購入!

購入金額は以下のツイートの通りです。

1節:800円
2節:600円
3節:200円
4節:300円
5節:1,200円
6節:200円
7節:800円
8節:900円
9節:900円(←いまココ)

福岡が0-2で負け → 100円

長崎が4-0で勝ち → 500円+4得点で400円

本当は合計1000円購入しないといけないのに、、、町田相手に何もできなかったので、きっとショックで福岡の100円分を忘れてましたw

ドンマイw

次の節で今回忘れた100円分を追加して、積立してみます!

今回は楽天ポイントを利用して900円分購入しました。このように溜まった楽天ポイントで投資信託を変えるのは、嬉しいですね。

 

■4/19現在

9節までで5,900円分を購入しています。

5,900円購入し、評価金額6,041円。+141円。

福岡、長崎ともに調子はいまひとつですが、次はもう10節。約1/4を消化することになります。

福岡も、長崎もまだまだ優勝、昇格諦めていません。秋頃までになんとか加わることができれば、その分投資信託も買付する金額も増えていくはず。

このファンドの運用会社であるスパークスの投資哲学に、「マクロはミクロの集積である」という言葉があります。

将来の株式市場の上げ下げはわからないけども、目の前の企業やリアルな仕事1つ1つを知ろうと、分かろうと努力することはできるよね。

だから、ミクロの積み重ねを大切にしよう、という言葉があります。

福岡も長崎も同じことが言えるかもしれません。1つ1つを大切に、小さいことに拘って積み重ねていこう。

スパークスのこのファンドも、サッカーも繋がるところは繋がるし、共通して大切なことは変わらなない、ということですね。

 

 

ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。