Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
習慣化

【21日達成】朝型人間になるために初心者が意識した3つのポイント

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

この7月まで「起床時間」と「出勤時間」までの間は、30分しかありませんでした。つまり、ギリギリまで寝て、朝バタバタしてシャワーを浴びて出勤するという生活を続けてきたわけです。

もちろん、過去にも朝ゆっくり余裕を持って過ごせるように、早寝早起きにトライしたことはあります。

たぶん2年前の2016年でした。実は、1ヶ月ちょっと続けることができた時もありました。

でも、その頃はちょうど夏に宮古島に旅行に行くタイミングで、その早寝早起きのリズムを失ってしまい、せっかく1ヶ月続けたリズムを取り戻すことなく、結局またいつもの生活に戻ってしまった過去があります。

今回ワールドカップ観戦のために行ったロシアで新たな目標を見つけた私は、目標を達成するためには「朝型」になることが不可欠だ!と考え、この8月から改めて朝型人間になるべくチャレンジを始めました。

それから3週間が経過しました。

備忘録の意味合いもありますが、「早寝早起きで爽やかな朝を迎えたい」とか「朝型になって朝から勉強したい」とか考えているけど、なかなか出来ないと感じている人の参考になればと思って、これから私の早寝早起きチャレンジを更新したいと思います。

目的はある程度明確にしたほうがいい

人それぞれ考え方があると思いますが、私の場合は行動に意味を持たせたいので、何のためにという目的を最初の段階で明確にするようにしました。

  1. 出勤までの時間に余裕を持ちたい。
  2. 出勤までの時間で、読書したり、日記やブログを書く時間を作りたい。

そんなに大それた目的ではないんですが、今まで出勤ギリギリまで寝ていた生活から、出勤までわずか「1時間」でもブログを書いたり、読書をしたりする時間に充てれるようになると、年間で360時間も捻出したことになります。

決して無視できる数字ではない気がします。塵も積もれば山となります。

コツコツ、一つのことを継続することが苦手なので、どこまでやれるかわかりませんが、トライしてみるつもりです。

このように目的を意識する中に、この「早寝早起き」があるんだと理解できると、行動により意味があることを意識することが出来るので、自分の場合は、目的を明確にすることが必要だと感じています。

寝る時間を意識すると、結果早く起きれることに

これは以前に試してみた時の経験から学んだことですが、朝型に切り替えたい!と思ったときに、つい「起きる時間」だけを意識してしまいがち。

でも、実は「寝始める時間」を重視した方がいいと思っています。

理由は、「起きる時間」だけを意識して、早起きを続けると寝不足になってしまいます。

結果的に、継続できない可能性が高くなると思うからです。

例えば、私の例で言うと、これまでだいたい0時30分~1時の間に寝て、7時40分に起きる生活をしてきました。

睡眠時間でいうと、6時間半~7時間くらいでしょうかね。

それを例えば1時間早く起きようとすると、6時40分に起きることになる。寝る時間は変わらないのに、起きる時間だけ早くなると、自然と睡眠時間は短くなってしまいます

それだと、私の場合は、寝不足になってしまってキツイ。だから、起きる時間を1時間早めたいなら、同じように寝る時間も1時間早めないと、長く続かないなと思っているのです。

そういうわけで、この8月からは極力22時30分~23時くらいに寝るようにしています。

それでも、結果的に起きる時間には幅があって、5時40分~7時の間くらいです。体調などによってバラつきがあります。

なので、どちらかというと、「早く起きること」は結果なので、コントロールしやすい「決めた時間に寝る」に注力して、あとは結果としての「早起き」を手にしている、というイメージです。

完璧を求めず、のんびりいこう

いま約3週間を経過しました。

元々は仕事に行くギリギリまで寝るような生活を続けてきたわけですから、そんなに短期間で劇的に変わるわけはない、と思っています。

だから、ゆっくりのんびりで良い、かなと。

実際に、2016年のときは、1ヶ月以上早寝早起きが出来るようになってきて、「よしよし、このまま順調にいけるかも」と思っていました。

そんな矢先に、7月上旬に宮古島に旅行に行きました。

昼は限りなく透明に近いブルーの海でシュノーケルを楽しみ、夜はオリオンビールと宮古島の料理に舌鼓を打っていると、いつも守れていたペースが急に守れなくなってしまったのです。(旅は日常とは違う刺激があるので、ペースが乱れるのは仕方がない!)

ベッドに入る時間が少しずつ遅くなり、自然と起きる時間も遅くなる・・・という悪循環でした。

ただ、それはそれで楽しんでいるので良いんです。

せっかく1ヶ月以上守れていた「早寝早起き」が出来なくなってしまい、「あー、やっぱり自分は長続きしないなぁ」と思ってしまったんですねー。

で、福岡に戻ってからは、宮古島に行く以前は、ほぼ自動的に守れていた習慣が、木っ端微塵になくなってしまっていました。

元の早寝早起きの習慣を取り戻そうとしたんですが、なぜか元のようにできなくなってしまっていたんです。

今思うと、「失ったのは習慣」ではなくて、「変な自信」でした。

それからは「またあの習慣を取り戻そう」という気持ちは消え失せ、いつものようなギリギリまで寝て出勤するという生活に逆戻りしてしまったのです。

そういう経験を踏まえて、いま言えることは、少し完璧を求めすぎていたなーということです。

「習慣みたいなものが失われた」と勝手に思い込んでるだけでしたね

そりゃあ、旅に出れば、環境も変わるし、楽しいし、ペース守れなくなります!

「割り切り」ってものが必要でした。だから、ちょっと旅に出たり、日常が変わる瞬間があっても気にしないください。

で、また日常に戻ったときに、また戻せばいいんです。別に無理に、旅中にも同じような規則正しい生活をしないといけないわけじゃないんです。

せっかくの旅行中に、なんかそればっかり意識して楽しむのを忘れたら嫌ですよね?

それにそんなに簡単に習慣は身に付きません。数ヶ月、半年とある程度の時間をかけながら、体に染み込ませていく必要があるんだと思っています。

だから、今は8月から3週間経過する中で、途中に実は引越しをしていて、まだ全部終わってないんですが、自分で荷物運んでいるので、この猛暑の中でやってるので死にそうですw18日の日なんてクタクタでした。

で、次の日は8時まで寝てましたもん。

別にそういう日があっていいんです。少しずつ少しずつで。

うまくいかないときがあっても、自分を責めなくてもいいんです。というか責めちゃダメです!自分のこと責めても何も良いことないです!

この宮古島の旅行と早寝早起きを通じて、身をもって経験しました。

今回は、きっとうまくいきそうな気がしますw

まとめ

朝型人間へ切り替えるチャレンジは、引き続き経過をブログで更新したいと思っています。

うまくいかなとき、誘惑に負けるとき、もうやめようかなと思うとき、いろいろな感情や思考がやめることの正当化をしようと邪魔が入るかもしれませんが、今回こそはしっかり習慣になるように楽しみたいと思います。

あわせて読みたい
【42日達成】早寝早起き継続のために必要と感じた「習慣」への理解こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です! 8月からチャレンジしている「早寝早起きの行動」ですが、ようやく42日(6週...
ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。