Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
習慣化

【2ヶ月達成】早寝早起きが継続できている最大の理由はシンプルなこと。

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

2018年8月から続けている「早寝&結果的早起き」の行動ですが、ついに3ヶ月目に突入。最長記録更新。たぶん感覚的にかなり習慣化が定着している感覚があります。

とはいえ、約60日間で毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きれたかという全くそういうことありません。

22時30分に寝れた夜もあれば、飲み会が急遽入って夜中2時近くになってしまった夜もあり、本当は早く寝たかったのに、泣く泣く24時近くになってしまった夜もありました。

結果的に、予定通り6時前に起床できた朝もあれば、8時くらいまで起きれなかった朝もあったわけです。

平日は仕事なので平日はだいたい遅くとも23時には寝てたけど。だいたい寝るのが遅くなってしまった時は、次の日が休みの時に限った話でした。

そんな感じなので、毎日がきっちりかっちり早寝早起きというわけではありません。

夜更かしをしても最終的に元に戻る時間が、その人にとっての今の基準

例えば、いつもは24時に寝ている人がいる。

たまたま友だちと遊んで夜更かしをしてしまった。寝るのがいつもよりも遅くなり、3時に寝たとします。

次の日仕事であればたぶん寝不足でしょうが、次の日が休みであればいつもより目覚めの時間が遅いはずです。

でもだからといって、次の日も3時に寝る生活になるかというと、たぶんならないと思います。

経験上、いつもより少し寝る時間が遅くなると、次の日の眠たくなる時間がいつもよりも遅くなってしまうことはありました。

それによって結果的に寝る時間が遅くなってしまう、という状況が生まれてしまいがちなのは理解できます。

ただ、多くの人は、次の日のこともあるので、それでも寝ないといけない!と思って、寝ようとするはずです。で、実際に、それを数日かけて元の「24時に寝る生活」に戻ります。

でも、ベースが24時に寝ることがその人にとってのスタンダードなので、それが23時に変わるとか早くなるとかそういうことはなくて、だいたい24時前後に寝る生活に戻ってくる、という状況になります。

寝る時間が一時的に乱れたとしても、最終的に自分にとっての居心地の良いと感じる時間帯に戻ってくるという人間の生活習慣を考えると、

「早寝早起き」するには、その人にとっての当たり前のスタンダードな時間を変える、しかないんだなということがわかります。

2ヶ月経っても早寝早起きを継続できている理由

これは経験上、痛感していることです。

『トライ&エラー&トライは、間違いなくレベルアップしたトライになる』

8月から始めたこの早寝&結果早起き。

元々は、「やりたいなー」くらいの軽い気持ちから始まってます。

そんなに強い気持ちとか決意で、「オレ、絶対やってやるぜ!」みたいなところからは始まってません。

ただ、過去にもトライしてうまくいかなかった経験もあるので、どの辺が継続しづらくなるポイントになるか、なども何となくわかっていました。

なぜなら、過去に何度もトライしてダメだった原因を考えてみたからです。

その上で、過去に継続できなかった原因や理由を見つけて、「今度はこういう風に対応すれば次は上手くいくんじゃないか」と自分なりに一旦答えを出す。

で、またやってみる。そして、それを繰り返す。

1度や2度うまくいかなかったからといって、そこで辞めてしまうのは本当にもったいないことだなと思います。

1度うまくいかなかったからといって、そこで思考停止にならず、原因を考えて続けていくということです。

これが今のところ継続できている理由だと思います。

またしても続かなかった英語の勉強でも、ネガティブに考えない。

英語の勉強に関して、ツイートしています。

「英語の本を開く」という、どう考えても失敗しようのないことでさえ今回も続きませんでした。

でも、ここで意識していることは

「こんなちっちゃいことも出来ないのか・・・やっぱりオレってダメだな・・・」

とは、1ミリも思わないようにしています。

自分を否定することは悪いことではないと思います。

サッカー元日本代表で、21歳でオランダに渡った本田圭佑さんも、自分を全否定することから始めたと言っています。

否定することで、前に進むポジティブなエネルギーを作れる人は問題ないと思います。

英語はうまくいかなかったですが、これからうまくいく方法を見つけますよ!

早寝&結果早起きは、過去の失敗の原因に向かって、とりあえずまたやってみているだけ、です。

何の魔法もありません。

うまくいかなかった時、結果が出なかった時、思うようにいかなかった時。

そんな時に、「あーダメだ」と一瞬はなっても、切り替えて、「次うまくいくにはどうしたらいいか?」って考えられるように意識すること

そう考えれてなかったら、まずはネガティブになっている自分に気づくこと。そんな自分に気づけるようになるだけで、小さな、でも確実な成長の証だと思います。

今まで出来なかったことを、すぐに無意識にできるようになるなんてそんな人ほとんどいません。

まずは、意識すること。次に、意識して出来るように行動すること。

その積み重ねですよね?

これが今のところ、私が大事にしていることですね。

【21日達成】朝型人間になるために初心者が意識した3つのポイントこんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です! この7月まで「起床時間」と「出勤時間」までの間は、30分しかありませんでし...
【42日達成】早寝早起き継続のために必要と感じた「習慣」への理解こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です! 8月からチャレンジしている「早寝早起きの行動」ですが、ようやく42日(6週...
【3ヶ月達成】元に戻りそうな睡眠習慣を「意識すること」で改善できた!こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です! 2018年も残り2ヶ月になりました。11月です。寒いです。。。 8月...
ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。