Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
資産形成・投資

【2019#22→28】Jリーグクラブを応援して投資信託でコツコツ投資始めよう。

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

Jリーグで応援するクラブの毎節ごとの結果に合わせて、「貯金」ではなく「投資信託」(投信)を1年間コツコツと購入していく、という企画をやっています。

この企画の元ネタは、投信ブロガーで有名なrennyさん(@renny_29)です。

その名も「Jリーグでコツコツ投資」。

2019年シーズンから始めたばかりですが、投資経験のない初心者の方にとってはゆるりと投資を始める、良い仕組みかなと思います。

22節→28節までを振り返ります。

J2は、22クラブのホーム・アンド・アウェーの総当りで行われますので、全部で42節あります。

以下の記事で、前半戦21試合を振り返っています。

【2019#21】『Jリーグでコツコツ投資』で振り返る2019年J2前半戦。こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です! Jリーグで応援するクラブの毎節ごとの結果に合わせて、「貯金」ではなく「投資...

先週28節までを終了。トータルで2/3を終えたことになります。残り14試合で長いシーズンも終わります。

22節から28節までの7試合を振り返ります。

アビスパ福岡

今ではユベントスに引き抜かれたイタリア人・ペッキア監督が、6/2の16節を指揮したのが最後。17節以降は、後任の久藤監督が後を引き継いでいます。

ちなみに、ペッキア監督が率いた16試合と、久藤監督が率いた17節~29節までの13試合を簡単に比較すると次のようになります。

ペッキア 4勝4分8敗(16試合)

●勝点16、得点13、失点21

久藤清一 3勝3分7敗(13試合)

●勝点12、得点15、失点23

久藤体制になって失点も得点も増えてますね。

さて、22節から28節までの結果は以下の通りです。

○22節:町田 0-2 福岡

●23節:千葉 3-0 福岡

△24節:福岡 1-1 水戸

○25節:山形 1-2 福岡

●26節:福岡 0-2 横浜FC

○27節:岐阜 0-2 福岡

●28節:福岡 0-1 徳島

久藤体制になっての3勝は、この直近7試合で稼いだものです。

ホームで勝てないことを含め、戦い方や内容はさておき、7試合で勝点10を獲得しているのはまずまずの結果と言えると思います。

29節でも、上位の京都に対して、1-1のドローでなんとか勝点1を拾いましたので、残り1/3に向けて結果が上向きになってくる気がしますね。

残留に向けてしっかり戦いたいですね。

V・ファーレン長崎

福岡はシーズン開幕からずっと苦しいですけど(笑)、長崎は25節から28節までの4連敗があったので、PO圏内から少し離されてしまいましたね。

●22節:水戸 2-1 長崎

○23節:長崎 1-0 甲府

○24節:鹿児島 1-2 長崎

●25節:長崎 1-4 愛媛

●26節:長崎 1-3 岐阜

●27節:琉球 3-2 長崎

●28節:長崎 1-2 柏

29節の山口戦では久しぶりの快勝でした。厳しいかもしれないけど、まだまだ残り13節あるのでPO圏内に進める可能性は残っていると思いますよ。

なんとかここから長崎の意地をみたい。

22節~28節までの7試合で、5,200円購入しました。

購入金額は以下のツイートの通りです。

22節 ⇒ 900円
23節 ⇒ 700円
24節 ⇒ 1,100円
25節 ⇒ 900円
26節 ⇒ 300円
27節 ⇒ 1,000円
28節 ⇒ 300円

合計で5,200円。

いつもの楽天証券さんで、スパークス・新・国際優良アジア株ファンドを買付しました。

そして、28節終了時点ではこのようになっています。28節までの合計投資額は、21,200円。それに対して評価額は、なんと20,045円!!!

マイナス1,155円!!!うわー、めっちゃ損しているやんって思いました?

あ、でも、これめちゃくちゃいいサンプルです(笑)

これは、あくまで「現時点」での「評価額」なので、実質的な損というよりは、損を含んだ状態になっている、という感じです。

例えば、この状態で今持っている投信を売却したら、含み損が「実質の損」として確定します。

多くの初心者の方は、ここで売却します。なので、「損をした」とか「失敗した」という印象のまま終えることになります。

でも、実はこれ、投資信託でいうと、めちゃくちゃ美味しい状態なんですよ。

下の画像の、まず真ん中あたりの「単価」見てみてください。

左端の約定日の7/30は、10,301円。同じく8/20は、9,618円。

スーパーで値段が変動しやすいのって野菜の値段があると思うんですけど、キャベツが100円で1玉買える時もあれば、半玉しか買えないときありません?

それと同じで、投資信託の値段もコロコロ変わります。上の「単価」が安いときほど、投資信託をたくさん買えるってことです。

つまり、今はマイナスってことは、その分だけたくさん買える状態にあるってことなんですよ。

だから、いま本当はたくさん買いたいんです!w

ただ、Jリーグでコツコツ投資は、福岡と長崎が買ってくれないと、たくさん買えないんですw

普通の短期的な投資をしている投資家さんは、相場が下がれば冷や汗をかくでしょうけど、投資信託を長期で保有する長期投資家さんは、相場が下がって投資信託の価格が下がった時ほど、「たくさん買えるチャンス」だと思っています。

下がったら嬉しい。上がっても嬉しい。どっちにしても嬉しい。

お金の不安から始める投資なら、のんびりそんな不安とは無縁のところでやる投資もあるんだってことをもっとたくさんの人に知ってほしいなぁと思っています。

ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。