Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
習慣化

【3ヶ月経過】新習慣・ランニング。感情を共有できる環境を作ることの大切さ。

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

2019年1月から始めたランニング。2月は順調に16日かけて80kmを走れました。

「楽しく健康をつくる」を目標に走り始めたので、なんとか継続したいなーと思っています。

結果的に、3月も継続できたといえる内容だったと思います。

ランニング3ヶ月目の3月を簡単に振り返ってみます。

3月のトピックは、やっぱり初レース

私はそれほど意志が強い方ではありません。

誘惑にも負けるし、自分の意志で何かを成し遂げたこともないし、自分の意志をあまり頼りにしていませんw

ただ、継続しないと成果は得れないわけで、そんな自分が何かを続けていくためには、「続けていきたいと思える環境」を作ることに、どちらかというと力を注いでいます

そんなわけで、ランニング開始した1月の時点で、3月あたりになにかレースに参加しようと決めてました。

とはいえ、いきなり10kmとかハーフマンラソンなど、自分の身の丈に合ったレースに参加しても意味がないので、少しだけ先の目標みたいなイメージで5kmのレースにエントリー。

今年で29回目となる、室見川しろうおマラソン大会、というものでした。

その直前にはこのようなツイートをしています。

そして、前日にはこうツイート

当日は、雨で良いコンディションではなかったんですが、なんとか5km走り抜き、また来年も出場しよう!と終わった後に思えたことが何よりでした。

タイムとか順位とかそういうのはもちろん意識してなくて、とにかく楽しく走ることが一番だったので、怪我なかったことも良かった。

こういう大会に出場するって決めて、エントリー料も払って、少しずつ環境を整えていくのは、自分に合ってるなと思っています。

一緒に走る仲間を増やす

自分の場合は、この1点が非常にポイントです。

●「感情」を共有できる環境を作ることの大切さ

ランニングって一人でも走れるのが良いところで、自分のペースで走れるのが気軽だったりします。

ただ、継続したいと思っているので、その環境を作るために、「周りを巻き込む」ことも意識してやってます。

実は5月にも沖縄でメンバー5人でリレーマラソンに出場するんですが、たまに一緒に走る仲間を作るのもいいなと感じてます。

ランニングクラブとかに加入するのもありだなって思うんですが、自分の場合は友達やパートナーなど近くの周りを「誘って走ってみる」ことから始めてみました。

パートナーは文化部だったので、ランニングはおろか、走るのも好きではありませんw

ただ、自分が好きなことを「相手に理解してくれる努力」は必要だと思ったし、自分の活動を理解してもらうほうが絶対にやりやすくなるので、まずはパートナーにランニングシューズを提供するところか始めました。

ランニングシューズをプレゼントしても、しばらくは石のように微動だにしなかったけど、我慢して様子見して、「せっかく買ってもらったのに悪いよね~」って感じ始めるタイミングで、「そろそろ一緒に走ろっか~」と声かけました。

そして、いざ走り始めると、パートナーも案外走れたのと、「やっぱり楽しさを感じれないと続かないだろうな」っていうのがあったので、

「いや~ナイスラン!」

「すごい、いい走りしているね!」

「運動神経いいよね、これからが楽しみだね~」

なんて声をかけて、ランニングって楽しいだっていうのを少しずつ刷り込みましたw

その甲斐もあって、今では向こうから「今日、走ろうか?」なんて声がかかります。

地味に周りを巻き込むのは大切で、自分の楽しさを仲間と共有することで、少しずつ世界が広がっていく感覚を覚えます。

まとめ

3月も16回、トータル85.80km走りました。

16回のランですべてに言えることは、イヤイヤ走ったランは一つもありません。毎回楽しく走れました!

走り始めて数ヶ月ですが、ランニングは多くのものを与えてくれています。そんなランニングにイヤイヤな気持ちで向き合うのは、失礼だとすら思っています。

体重や体脂肪も落ちてます。体調も良いです。メンタルもさらに安定しています。イライラすることもほとんどなく、前向きに日々を送れるようになっている実感があります。

もちろん、ランニングが万能とは言いません。

ただ、確実に「楽しく走ること」を「継続」できれば、きっと多くのものを返してくれると思っています。

時に、ペースを上げてキツイ時や、体調的に思うように走れない時もあります。ただ、そういう時も含めて、「今を楽しむ」気持ちを忘れずに、必要以上の一喜一憂をしないことが大切だと感じています。

4月も楽しく、ランニングとともに過ごします。

ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。