Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
football

【2019#19】Jリーグでコツコツ投資。パートナーと思って投信を選ぶべき!

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

Jリーグで応援するクラブの毎節ごとの結果に合わせて、「貯金」ではなく「投資信託」(投信)を1年間コツコツと購入していく、という企画をやっています。

この企画の元ネタは、投信ブロガーで有名なrennyさん(@renny_29)です。

その名も「Jリーグでコツコツ投資」。2019年シーズンから始めたばかりですが、結構オススメです。

投資信託は、特性上、その時々で価額が変動します。

ただ、投資未経験の人や投資初心者の人にとっては、自分の好きなクラブを応援したついでに、投資信託を少しずつ買っていくことで、徐々に投資に慣れる部分も多いと思います。

【第19節】 徳島vs福岡、長崎vs山形

この週末は所用でゲームを見れませんでした。結果は、福岡・長崎ともに敗戦。

福岡は久藤監督になってまだ勝利がありません。そして、順位もJ3降格圏内の21位。

長崎は前節に続き、勝点を伸ばせず、8位に後退しました。

福岡はそろそろ勝てるだろう、と簡単に考えていたらシーズン終わってJ3に降格していたってことにもなりかねない状況になりつつあります。

悪くはないけど、勝利まであと一歩、あと少しというところまで来ている気がしますが、その一歩がなんだか遠い気がします。

なんなんでしょうね。

何かが足りないんでしょうけど、これが今の「クラブの力」なのかもしれません。

第19節、400円購入しました。

購入金額は以下のツイートの通りです。

()内は、平均購入金額

1節:800円
2節:600円(700円)
3節:200円(533円)
4節:300円(475円)
5節:1,200円(620円)
6節:200円(550円)
7節:800円(585円)
8節:900円(625円)
9節:900円(655円)
10節:1,500円(740円)
11節:400円(709円)
12節:600円(700円)
13節:1,100円(730円)
14節:700円(728円)
15節:1,200円(760円)
16節:1,300円(793円)
17節:600円(782円)
18節:900円(788円)
19節:400円(768円)

福岡は1-2で負け

→ 100円(負け)+100円(1得点)で合計200円

 

長崎は1-2で負け

→ 100円(負け)+100円(1得点)で合計200円

 

合計で400円です。

さて、いつものように楽天証券を通じて、400円分のスパークス・新・国際優良アジア株ファンドを購入しました。

あらたに394口を購入することができました。

累計買付金額も14,600円となり、保有数量も14,237口となりました。

まだ評価損益は、マイナスですがマイナスだからといって、これ以上マイナスが拡大しないように、と損切りはしたらもったいないです。

なぜなら、長期投資では「時間をかけながら、お金を少しずつ育てていく」ということが大切です。

そのためには、常にバッターボックスに立っている必要があります。

どうしても相場の上げ下げがあるので、一時的にはマイナスになったり、プラスになったりするんですが、そういうときこそ大事なのは、常にリターンを確保できるポジションにいて、いつでも買い続けることが大切になります。

そして、長く積み上げていくためにも、パートナーと思える投資信託との出逢いというものも大切になりますよね。

投資信託も大袈裟に言えば、これがいい!と思える投資信託。

数は少なくてもいいので、自分が信頼できる投資信託を見つけて、長く付き合っていくことが、長期的に資産を増やしていく近道の1つだと思っています。

何故かと言うと、人間関係と同じで、投資信託に対しても信用が一番大切だからです。

信用を持てない関係は長続きしません。信頼があるからこそ、信用が生まれます。

投資信託も信用を持てないと、長くは保有出来ないんですよね。長く保有できないと、利益は積み上がっていかないんです。

長く持たなければ利益が積み上がっていかないのが、投資信託の複利効果というやつなんですね。

だから、長く付き合いたいと思える投資信託を見つけるってことが大切なんですね!

ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。