Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
football

【2019#18】Jリーグでコツコツ投資。初心者には「投資信託」がオススメ

初心者にオススメの投資信託

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

Jリーグで応援するクラブの毎節ごとの結果に合わせて、「貯金」ではなく「投資信託」(投信)を1年間コツコツと購入していく、という企画をやっています。

この企画の元ネタは、投信ブロガーで有名なrennyさん(@renny_29)です。

その名も「Jリーグでコツコツ投資」。2019年シーズンから始めたばかりですが、結構オススメです。

もちろん、投資信託なのでその時々で価額が変動します。

ただ、投資未経験の人や投資初心者の人にとっては、自分の好きなクラブを応援したついでに、投資信託を少しずつ買っていくことで、徐々に投資に慣れる部分も多いと思います。

【第18節】 福岡vs柏、町田vs長崎

福岡は柏に1-1のドロー、長崎も町田に2-2のドロー。どちらも引き分けでした。

しかも、両チームとも途中までリードしておきながら、追いつかれるという展開。

福岡にいたっては、残り数秒で勝点3という状況で、勝点がするりと手元からこぼれてしまいました。が、まあ内容的によく引き分けたな、という印象です。

1試合だけを見て判断は難しいですが、もし柏戦のようなサッカーを続けるとしたら、それはすなわち「後退」を意味すると思っています。

色々な見方があるでしょうが、私は肯定的に捉えるのは難しいのが正直なところ。

残り3試合で42試合の半分が終わります。もう少し様子を見たいところです。

今日は長崎のゲームについては、コメントなしです(笑)

第18節、900円購入しました。

購入金額は以下のツイートの通りです。

()内は、平均購入金額

1節:800円
2節:600円(700円)
3節:200円(533円)
4節:300円(475円)
5節:1,200円(620円)
6節:200円(550円)
7節:800円(585円)
8節:900円(625円)
9節:900円(655円)
10節:1,500円(740円)
11節:400円(709円)
12節:600円(700円)
13節:1,100円(730円)
14節:700円(728円)
15節:1,200円(760円)
16節:1,300円(793円)
17節:600円(782円)
18節:900円(788円)

福岡は1-1で引き分け

→ 300円(引き分け)+100円(1点)で合計400円

 

長崎は2-2で引き分け

→ 300円(引き分け)+200円(2得点)で合計500円

 

合計で900円です。

さて、いつものように楽天証券を通じて、900円分のスパークス・新・国際優良アジア株ファンドを購入しました。

あらたに918口を購入することができました。

気がつけばもう18試合を消化。累計買付金額も14,200円となり、保有数量も13,843口となりました。

2月終わりからリーグが始まり、約5ヶ月で14,000円ですから、月換算で約3,000円くらいです。

ひと月、約3,000円なら無理のない金額で、こうして投資をすることが出来るのが、投資信託の良いところですね。

普段、お金を「投資」に回さない人ほど、『投資にはまとまったお金がかかる』と思っている人が多い気がしますが、投資信託に関していうと、そんなことはないですね。

楽天証券やSBI証券などのネット証券では、100円から投資が出来ます。

楽天証券ならば、みなさんご存知の楽天ポイントを使って投資信託を買うことが出来るので、投資を投信(投資信託)で始める場合は、とても良い環境が整っています。

現に、私もそうですし、相方さんもそうですが、まずは毎月1000円くらいの金額で、最悪なくなっても大丈夫くらいの金額から始めました。

少額で始めてみて、「投資信託を買うってこういうことなんだ~」とか、「目減りしたときって自分はこういう感情が生まれるんだ~」とか、自分自身のことを意外と知れたりもするので、よいきっかけにもなります。

相場がどれだけ悪くなったとしても、投資信託の場合は、0円になることはまあないので、少しずつゆっくりまずは始めてみるということをオススメします!

では、19節もコツコツ積み立てていきたいと思います。

ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。