Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
football

【2019#16】Jリーグでコツコツ投資。ペッキア、志半ばで福岡を退任。

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

Jリーグで応援するクラブの毎節ごとの結果に合わせて、「貯金」ではなく「投資信託」(投信)を1年間コツコツと購入していく、という企画をやっています。

この企画の元ネタは、投信ブロガーで有名なrennyさん(@renny_29)です。

J2は第16節が終わりました。長崎はついに4連勝を達成しPO圏内に入り込んできました。一方で、福岡は今シーズン初となるレベスタで大宮相手に1-1のドロー。そして、その翌日にイタリア人監督が退任するという突然の知らせが。。。

【第16節】 福岡vs大宮、千葉vs長崎

まさか今シーズン初のレベスタでのゲームが、ペッキアに率いられる福岡にとって最初で最後のゲームとなるとは・・・。

1-1のドローで終わった翌日、突然の公式発表。

そして、同日久藤さんの内部昇格。

ユベントスU-23への引き抜き報道も取り沙汰される中、ペッキアは突然福岡を去っていきました。

なんとも言えない気持ちです。

今シーズンから「アビスパスタイル」というあり方を表現、体現するという目的のための手段として、イタリア人監督のペッキアを招聘しました。

ペッキアを招聘したのは、目的ではなく、あくまで手段。目的のためのやり方の部分。

最も大切にするべきは、あり方に凝縮される哲学。アビスパにとってそれを具現化してくれる最適な人材は誰か、ということです。

ペッキアからの退任申し出があったのが、鹿児島戦ということなので、5月26日。それからわずか1週間という期間の中で、クラブが出した答えが、「内部昇格」でした。

唐突過ぎてクラブもそこまでリスクヘッジ出来ていたわけではない、と思います。

ペッキアの突然の申し出という形はあるにせよ、色々なものがドタバタに見えてしまう現状の中で、対照的に長崎は千葉にアウェーで4-1と勝利しました。

そして、16試合目にして、ついにPO圏内に入ってきました。秋頃くらいに滑り込めればよいかなと思っていただけに、予想を超えるスピードです。

16節を境に、監督交代した福岡と、4連勝を達成しPO圏内に進出してきた長崎。

福岡にとっては、色々な意味で厳しい現実を突きつけられています。

第16節、1,300円購入しました。

購入金額は以下のツイートの通りです。

()内は、平均購入金額

1節:800円
2節:600円(700円)
3節:200円(533円)
4節:300円(475円)
5節:1,200円(620円)
6節:200円(550円)
7節:800円(585円)
8節:900円(625円)
9節:900円(655円)
10節:1,500円(740円)
11節:400円(709円)
12節:600円(700円)
13節:1,100円(730円)
14節:700円(728円)
15節:1,200円(760円)
16節:1,300円(793円)

 

福岡は1-1で引き分け

→ 300円(引き分け)+100円(1点)で合計400円

 

長崎は4-1で勝ち

→ 500円(勝ち)+400円(4得点)で合計900円。

 

合計で1,300円です。

 

いつものように楽天証券を通じて、1,300円分のスパークス・新・国際優良アジア株ファンドを購入しました。

あらたに1,342口を買付けすることができました。

これによって、トータル12,322口を保有しています。

まだいまのところ、合計購入額12,700円に対して評価額がこの時点で11,945円なので、トータルリターンとしてはマイナスです。

しかし、こういう時こそ、コツコツ積み上げていくことが大切で、マイナスになっているからといって損切りして、途中で辞めてしまわないことが大事です。

ただ、気になっているのが、このスパークス・新・国際優良アジア株ファンドへの資金の出入りについて。

グラフを見ると、ファンドの基準価額(青い線)が下がると、資金が流出傾向になり、上がると資金の流入傾向になります。

逆だとどんどん資金が積み上がっていくので良いのですが、この調子だと増えたり、減ったりを繰り返していくだけで、資金が積み上がっていかないので、運用が非常に難しいのではないかと想像します。

短期思考のお金が多いと、どうしても目先の利益目的で、相場が上がればお金が集まるが、下がればすぐに引いてしまいます。

できればファンドの安定運用のためにも、ガッツリとした長期思考のお金が入ってきてくれたら・・・幸いです。

独立系の投信を販売している会社なら、そのような啓蒙活動も直接できるのですが、スパークスのように独立系でありながら、販売は証券会社という形になると、いかに短期マネーを長期マネーに変えていくか、そのあたりの舵取りを誰が担うのか、非常に難しい問題ですね。

ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。