Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
football

【2019#15】Jリーグでコツコツ投資。薄氷の希望を生んだギリギリの勝利。

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

Jリーグで応援するクラブの毎節ごとの結果に合わせて、「貯金」ではなく「投資信託」(投信)を1年間コツコツと購入していく、という企画をやっています。

この企画の元ネタは、投信ブロガーで有名なrennyさん(@renny_29)です。

15節というのは、J2でいうとちょうど1/3を終えて中盤に差し掛かる試合になります。

【第15節】 鹿児島 vs 福岡、長崎 vs 徳島

なぜかアウェーになると、イキイキとしだす今シーズンの福岡。アウェーの鹿児島戦では、福岡らしいアグレッシブなゲームを披露してくれました。

特に、前半の40分過ぎに見せた迫力のあるプレッシングからの攻撃や、縦への推進力のあるロングカウンター。

開幕戦で負けはしたものの随所に見せた「新しいアビスパスタイル」を存分に感じさせるプレーの数々でした。

これですよ、これ。見たかったのはこのプレーですよ。

最終的にゴールを奪うために、ボールを持っていようが持っていまいが、今何をするべきか、という視点で常にアグレッシブに選択を積み重ねていくプレーには好感を持てます。

ただ、鹿児島にもかなり決定的なチャンスを作られていたので、この1勝で何かが解決されたわけではないと思います。

そのなかで、前節、甲府戦で絶望的な雰囲気だっただけに、この内容での勝利はかなり大きな意味を持てるように、次節の大宮戦が重要になってきます。

次節はついに「レベスタ」での開幕戦となる福岡。相手はあの高木さん率いる大宮。この勝利が本物なのかを占う試金石になりそうです。この試合のようなアグレッシブなアビスパスタイルを見せて欲しいところ。

 

長崎ですが、今シーズン初となる3連勝となりました。

勝点でもPO圏内と並び、上位進出を伺える位置にきたのはさすが手倉森さんだな、という印象です。

ただ、ゲームの中で気になるのは、長崎の最終ラインの守備。CBが食いついて空いたスペースをどう管理するのか、があまり統一されていない気がします。

食いついて空いたスペースを使われるのが時々目立ってました。スライドで寄せるのか、1枚降りてきて埋めるのか、ハッキリしない守備は少し懸念材料かなと。

徳島にも随分とやられそうになったものの、なんとか勝利。ただ、盤石な強さとは言い難く、脆さもまだまだ垣間見えるのは現時点では仕方ないかなと思います。

PO圏内をフラフラしながら、空きあらば自動昇格枠にいつでも滑り込める位置にいてくれるとこれからが楽しみになってきます。

ただ、個人的には勝利至上主義ではないので、やっぱりわくわくするサッカーを見たいのが本音です。

第15節、1,200円購入しました。

購入金額は以下のツイートの通りです。

()内は、平均購入金額

1節:800円
2節:600円(700円)
3節:200円(533円)
4節:300円(475円)
5節:1,200円(620円)
6節:200円(550円)
7節:800円(585円)
8節:900円(625円)
9節:900円(655円)
10節:1,500円(740円)
11節:400円(709円)
12節:600円(700円)
13節:1,100円(730円)
14節:700円(728円)
15節:1200円(760円)計11400円←いまココ)

 

福岡は1-0で勝利

→ 500円(勝ち)+100円(1点)で合計600円

 

長崎は1-0で勝ち

→ 500円(勝ち)+100円(1得点)で合計600円。

 

合計で1,200円です。

 

いつものように楽天証券を通じて、1,200円分のスパークス・新・国際優良アジア株ファンドを購入しました。

15節までのトータル、11,400円購入し、10,980口保有しています。

5/30時点では、評価損益で10,737円のトータルリターンで-663円です。

 

こちらの画像は、直近の購入した履歴です。

いま1節あたり平均して700円~800円くらい投資信託を買えてます。シーズン終わった頃には、おそらく32,000円前後の投資信託を購入したことになるのかな。

シーズンが終わる12月頃、増えているのか減っているのかはわかりません。

30,000円前後購入しているであろう投資信託を換金して、翌年のシーズンチケット代の一部に充てることもできますし、遠征費の一部にすることも出来ます。

また、換金せずに、そのまま保有して2シーズン目もコツコツと積立てていく、ということも出来ます。

どちらかのクラブがJ1に昇格して、いつかACLに参入できる日が来るまで、コツコツと積立てておく、ということも出来ます。

仮に10年かかったとする。ちょっと少額だったな、と反省もあるので、今年の倍額で積立てるとすると、年間6万円前後になる。

10年だと60万円前後。うまくいけば、複利効果も生まれ、仮に10年を利回り3%で運用できたとすると、元本が少し膨れて70万円ほどになっている可能性があります。

ふふふ。

色々な想像が膨らんできますね♪

ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。