Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
football

【2019#13】Jリーグでコツコツ投資。福岡よ、湘南のように襲いかかれ!

こんにちは!へいちゃん(@kohei55net)です!

Jリーグで応援するクラブの毎節ごとの結果に合わせて、「貯金」ではなく「投資信託」(投信)を1年間コツコツと購入していく、という企画をやっています。

この企画の元ネタは、投信ブロガーで有名なrennyさん(@renny_29)です。

もう13節!!

【第13節】 東京V vs 福岡、長崎 vs 新潟

福岡は2-3で敗戦、長崎は3-2で勝利。

この試合のキーポイントは、「前半終了間際の2点目」だったような気がします。

福岡は先制された後に、ヤンドンヒョンのゴールで1-1に追いつくものの、前半終了間際に「失点」し、1-2で後半を迎えます。

対して長崎は先制した後、前半終了間際に「得点」を重ねて、2-0で後半に入りました。

この2点目を相手に取られた福岡と、2点目を取った長崎。2点目が明暗を分けた部分もあるのかなと感じた両チームのゲームでした。

 

この勝利で9位まで上昇し少しずつプレーオフ圏内が射程距離に入ってきた長崎。ここでぐっと追走したいところですね。

一方で、福岡は7敗目で、最下位のFC岐阜と同じ勝点12で、20位に沈んでいます。

今シーズンのJ2は、上も混戦ですが、下も混戦の様相です。まだまだPOには食い込める可能性は残っているはずです。

福岡にとっては厳しいシーズンですが、とにかく我慢して継続していくしかないと思います。

そんな中で、湘南が魅せたプレーが素晴らしくアグレッシブで、福岡にとっての希望のようにも思えました。

5月17日の金Jで湘南ベルマーレが魅せた大逆転劇。口火を切った1点目。

これ菊池選手の見事なゴールなんですけど、それもさることながら、湘南はこのゴールを決めるまでに、浦和に襲いかかり、3度もボール奪取してるんですよ!

これ、例の誤審があったあとで、0-2のビハインドの状況下でこの一連のプレーですよ。これがJ1です。

ペッキアの目指すサッカーの方向性は、湘南とも似ていると言われています。点を取るためにまさに相手に襲いかかる湘南のプレーに、福岡の未来を見た気がしました。

第13節、1,100円購入しました。

購入金額は以下のツイートの通りです。

1節:800円
2節:600円
3節:200円
4節:300円
5節:1,200円
6節:200円
7節:800円
8節:900円
9節:900円
10節:1,500円
11節:400円
12節:600円
13節:1,100円(←いまココ)

 

福岡が2-3で敗戦

→ 100円(負け)+200円(2得点)で合計300円

 

長崎が3-2で勝ち

→ 500円(勝ち)+300円(3得点)で合計800円。

 

合計で1,100円です。

 

1,000円を超えたのは久しぶりですw まだ3回目。これから1,000円を超える機会が増えると嬉しいな。。。

 

13節終了時点で、トータル9,500円分の投資信託をコツコツ買い続けています。

しかしながら、今は大きく下がっており評価金額は9,041円になっています。これは評価金額なので、実質的に損が出ているわけではありません。

実質的な損が発生するのは、投資信託を売ったときです。この状態は、含み損と呼ばれるやつです。

まあでも、まだ13節なので残り29節。29回は積立ができます。

 

スパークス・新・国際優良アジア株ファンドというファンドをコツコツ積立しているわけですが、いまのところ福岡と同じでパフォーマンスはよろしくありません。

しかし、スパークスという運用会社は、日本株の運用に抜群の定評があります。

スパークス・新・国際優良日本株ファンドは、いわば日本株専用なのですが、R&Iファンド大賞で、投資信託 10 年/国内株式 部門および投資信託/国内株式 部門の 2 部門において『優秀賞』を受賞しています。

アジアの運用はまだまだ結果は出ていませんが、長い目でこのファンドを応援していきたい。

今後アジアの成長は間違いないでしょうから、今のうちにコツコツと積立てていきたいなーと思っていますが、そのためには福岡と長崎が勝利してくれないと!!

ということで、ファンドを応援するにも、福岡と長崎の勝利が必要です!

ABOUT ME
kohei55
「サッカーだけじゃない!」ブログ管理者。サッカー、習慣化、長期投資、コミュニケーションなどのテーマで幅広く書いています。